城南区田島のとうじょう内科・循環器クリニック

コレステロール

コレステロール

細胞膜やホルモン、胆汁酸の材料になる、脂質の一種です。肝臓で合成されたり、食物から摂取します。コレステロールには善玉と悪玉が存在し、体内で生成されたコレステロールを悪玉が体内の細胞へ運び、逆に余ったコレステロールを善玉が肝臓へ運びます。悪玉は、増えすぎると血管に付いて動脈硬化を引き起こします。

 

悪玉コレステロールがたまる原因

偏った食生活や加齢が原因となりやすいですが、冠動脈疾患の経験がある人や、脳の血管に障害を持っていたり糖尿病であったりすると、悪玉コレステロールがたまりやすいです。

 

検査

空腹時に採血します。

・悪玉コレステロールが140mg/dL以上

・善玉コレステロールが40mg/dL未満

のいずれかに当てはまると、脂質異常症とみなされます。

 

コレステロール・コントロール

コレステロール値が乱れて、脂質異常症や動脈硬化にならないために、コレステロール値をコントロールする必要があります。医師の指導のもと、禁煙や食事、運動をしていきましょう。