城南区田島のとうじょう内科・循環器クリニック

心臓弁膜症

心臓弁膜症

心臓弁膜症とは、弁に異常がある病気すべてを指します。

 

種類と症状

1.僧帽弁狭窄症

左心房と左心室の間にある僧帽弁が狭窄して十分に開かなくなる病気です。これにより、左心房で血液がうっ滞して苦しくなったり、不整脈が生じたりします。

2.僧帽弁閉鎖不完全症

僧帽弁がうまく閉じず、左心室から左心房へ血液が逆流する病気です。全身へ送り出される血液量が減るので、普段以上に心臓に負担がかかり、不整脈や肺うっ血、心不全を引き起こします。

3.大動脈弁狭窄症

左心室と大動脈の間にある大動脈弁が硬化し、血液がうまく流れなくなる病気です。何とか血液を送り出そうと頑張るので、左心室の筋肉が厚くなり、狭心症のような胸の痛みや失神、心不全の危険が高くなります。

4.大動脈弁閉鎖不完全症

大動脈弁がうまく閉じず、送り出した血液が再び左心室に逆流する病気です。左心室の肥大を引き起こし、息切れや胸の痛みを感じるようになります。

 

治療

軽度のものであれば、特別な治療をせずに定期健診を受けながら生活します。病状が悪くなってくると、薬物治療や手術療法をします。

術後は、心臓リハビリテーションを行い、患者さんの日常への復帰をサポートします。