城南区田島のとうじょう内科・循環器クリニック

虚血性心疾患

虚血性心疾患

虚血性心疾患とは、心臓に血液を送り出す血管が硬くなったりけいれんしたりすることで、心筋に血液が供給されなくなり、酸素が少なくなることが原因とされる疾患です。代表的なものでは、狭心症・心筋梗塞・無症候性心筋虚血などがあります。

 

1.狭心症

酸素が少なくなったとき、心臓は血液量を増やそうとしますが、動脈硬化や血栓、血管のけいれんによって十分な血液供給が行われなくなったときに胸が圧迫されるような痛みを感じます。症状は一時的なものですが、胸以外にも腕や背中、奥歯や上腹にも圧迫を感じる場合があります。

 

2.心筋梗塞

血管が血栓などで完全に塞がれて、心筋に酸素が行きわたらずに死んでしまっている状態です。その状態で時間が経つと壊死が広がり、短時間で死に至る疾患です。

 

3.無症候性心筋虚血

これらのような血管の以上に気づかない状態を指します。軽度の状態だとしても、プラークというコレステロールの塊が傷ついて急速に血管を塞ぐと、突然心筋梗塞を起こすことがあります。

 

虚血性心疾患になりやすい人

・高血圧を持つ
・喫煙している
・脂質異常症である
・家族が冠動脈疾患になった
・ストレスを抱えている
・高齢者
・肥満

 

虚血性心疾患にならないために

・禁煙する
・適度な運動
・バランスが取れた栄養摂取
・ストレスをためない

 

治療

・薬物療法
・経皮的冠動脈インターベンション
・冠動脈バイパス術