城南区田島のとうじょう内科・循環器クリニック

脂質異常症

脂質異常症

コレステロール値を改善するためのひと工夫

・肉類は脂身が少ない部分を食べ、卵は1日1個程度にしましょう。

・大豆に含まれるたんぱく質には、血中のコレステロール値を下げる働きがあるため、豆腐や納豆などの大豆製品は積極的に摂取しましょう。

・低エネルギーかつコレステロールの吸収を和らげる野菜や海藻類をたくさんとりましょう。野菜を一度に多くとるためには、加熱したりスープに入れたりするのがおすすめです。

・普段使用している油を、LDLコレステロール値を下げる作用のあるオリーブ油やひまわり油などを適度に使用しましょう。

 

中性脂肪値を改善するためのひと工夫

・魚の油には血液の流れをスムーズにする働きがあり、メインのおかずにしたいです。エネルギー量を抑えるためには、揚げずに調理するのがポイントです。

・エネルギーのとりすぎは、脂肪を蓄えることになります。お茶碗を一回り小さいサイズに変えるだけでも、100kcal近くダウンします。

・多量の飲酒は中性脂肪の増加につながるので、常に適量だけ飲むことを意識しましょう。

・白米から玄米にしたり、白いパンから全粒粉パンにしたりすることで、不足しがちな食物繊維を摂取できます。できるだけ、白いものより茶色い食品を選びましょう。

 

Q&A

Q:卵は食べない方が良いのでしょうか?

A:食べない必要はないです。たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよく含む食品なので、むしろ摂取した方が良いのですが、とりすぎると良くないということです。1日1個を目安として、上手に取り入れましょう。

 

Q:オリーブ油ならたくさんとっても大丈夫ですか?

A:どのような油でも、とりすぎは要注意です。