城南区田島のとうじょう内科・循環器クリニック

貧血

貧血

食生活を整えるためのひと工夫

・欠食は栄養バランスが崩れる原因の一つです。過度なダイエットをしたり、朝食を抜いたりしないことが、貧血予防の基本です。一日三食、きちんと食べましょう。

・たんぱく質はからだを作る主要成分であるので、常に補給し続ける必要があります。たんぱく質を多く含む肉や魚、卵、大豆製品などを日々の食卓にプラスして、しっかりと摂取しましょう。

・インスタント食品やスナック菓子で食事を済ませてはいけません。栄養があまりない食べ物ばかりを食べていると、たんぱく質や鉄不足に陥ります。ごはんやパンなどの主食に、主菜副菜がそろった食事をとるように心がけましょう。

 

鉄を効率よくとるためのひと工夫

・鉄を含む食品をしっかりとりましょう。赤身魚・レバー・魚・貝類・青菜・ひじき・大豆などが多く含みます。

・ビタミンや葉酸などの栄養もとることが大事です。レバーは一度に多くの栄養を摂取できるので、おすすめです。

・ビタミンCは一日200g程度とりたいです。目安としては、「みかん2個」「りんご2個」「バナナ2本」です。

 

Q&A

Q:お茶は鉄の吸収を悪くすると聞きましたが、飲んでも良いのでしょうか?

A:飲んでも大丈夫ですが、量には気を付けてください。食事中に鉄の吸収を妨げるタンニンを含むお茶をたくさん飲むのは、控えてください。心配される方は、タンニンが含まない麦茶などをお飲みください。

 

Q:病院に行く時間がないので、鉄のサプリメントを利用しても良いのでしょうか?

A:貧血の原因を調べるためにも、まずは受診してください。ヘモグロビン値が低い場合、胃や大腸などの病気が疑われることもあります。サプリメントを利用するときは、胃腸障害にならないよう、用量・用法をしっかり守ってください。