城南区田島のとうじょう内科・循環器クリニック

設備紹介

クリニック案内

最新の医療機器で安心な検査を提供します。

最新のデジタル医療機器を導入しています。採血検査では、HbA1c(過去1~2ヶ月の血糖値の平均)、PT-iNR(血のサラサラ度)、Pro-BNP(心臓への負担度)などが、採血後約15~30分以内で結果説明可能です。さらに、緊急時は一般採血であればおおよそ2~3時間以内での結果説明も提供可能です。

ABI検査・PWV検査(血管年齢)

ABI検査
手と足の血圧の比較や脈波の伝わり方を調べることで、動脈硬化の程度を数値として表したものです。
この検査を行うことにより動脈硬化(血管の老化など)の度合いや早期血管障害を検出することができます。

超音波診断装置(エコー検査)

スパイロメトリ(肺機能検査)

クリニック案内

運動負荷試験

エルゴメーターと血圧計をコントロールし、心電計による運動負荷試験を行なっております。

運動負荷試験とは・・・

運動によって起こりうる事故を未然に防ぐため、耐えられる運動量の程度を測定する試験。

施設紹介

とうじょう内科・循環器クリニック受付
内観
内観
診察室
入り口

処置室